読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

grey coffee,

つまり、カフェオレが好き

ディズニーの次はお泊り~後編~

雑記 百合 RGL

というわけで、
やっと頭痛治まったので
前回の続きです。

あ、ガチな百合なので
受けつけない方は回避してください




お泊りです。

おさらい
フレンドリーな友人:F
私の幼馴染み:O
私はOに片思い
な感じです
まあOとはずっとこのままの関係でいたいので
何も言わないし、そもそも何もいえません
ので!…どうすりゃいいのよ…状態(´△`)


Fの家に行く前に、集合場所へ
少し遅れてしまったので
飛ばして自転車を走らせてました

そして…まぁ結局遅れてしまったのですが

ちょっとおとぼけて
「ごめんご~めん!」という私
はっとOの私服姿が目に入って
ドキッ…

ディズニーでも、もちろん私服だったのですが
また違った…なんていうかお嬢様っていう感じで
やっぱりOは箱入り娘だなと
もう私と住んでる世界が違うのかなと。
私とOが友達であること自体が
間違いなのではないのか…??

そう思わせるほど彼女と私は違うような気がして…
なんだか心が苦しい…

なんて思っているといざ
お泊りのFの家へ向けて出発!

唯一車の免許持ってるF
彼女の運転する車のBGMは
なぜかあるアニメのED(笑)

Fの家に到着。

やることもなく、久しぶりにおじゃる丸を鑑賞(笑)
夕飯をいただきまして
その後花火をしました
お調子者のFが
さぁL・O・V・E!
とか言って花火で文字を書き始める

私もそれに便乗して
Oに向けてlove…なんて書いてみる

もちろん気付かれる訳なんてないです
私の本心が

気付かれたらどうなるのか
ちょっと興味はあるけど
例えそれとなく伝えても
私はいつも冗談ばっかり言ってるので
全部笑われて終わりなんです

それにやっぱり彼女とは、
気まずい関係にしたくないのです

…花火は綺麗だけどやっぱり儚いな… (`・ω・´)」

Fがそう言いました

…そーねって君のキャラじゃないっしょ(笑)

と私。

まぁ適当に花火を終わらせ、後は寝るだけ!


ちなみに今回は夜からの泊まりで
お風呂は来る前に入ってしまいました

みんな寝間着に着替え…
ちょっとドキドキですね(´∀`)

寝る前にOが突然私に
そこに居てね…?
って急に言ってくるもんだから
っ…ど、どうして?
と動揺しながら聞いたら
トイレに行きたいけど怖いからって…
なんだよそれっ
そういうのは自分の好きな人に言えよっ/(^o^)\

可愛すぎるよバカぁ!!

ホントに思わせぶりだなこの子はっ!?

…とかなんとかありましたが…
OとFは私より先に寝てしまいました

この時、Oを真ん中にして三人並んで
寝ました

私はなかなか寝付けなくて
ずっと起きてたんですが

Oの寝顔が可愛すぎてもう…
脈が速くなるのを感じて…しまいましたね…

「(あぁ…!ダメだダメだ…不毛すぎるから!考えちゃダメ…!)」

そう思って逆の方向を向いてたんですが
Oが「ん…」なんて!
色っぽい声出すから…!

ホントに寝られませんでしたよ…!!
ちゅーでもして口塞いじゃうぞと…
あ、嘘ですそんな勇気無いです

結局寝られたの朝の6時くらいでしたし…

それにしても…ダメですね、私は
意識し過ぎて目も合わせられなくなってるし
でも…ただの友達以上にはなれないことも
充分わかってるはずなのに

私は彼女とどうなりたいんでしょうね…(笑)